【初心者向け】MacでExcelやWordを無料で使う方法

mac office ネタ

MacでExcelやWordを使いたい

できれば無料で使える方法が知りたい

こんな悩みを持っている方への記事です。

結論:Macで無料にWordやExcelを使える方法
  • 『Onedrive』を使用する

皆さんこんにちは!Macbookはアクセサリーのたかおです!

会社や学校で普段”Windows”のパソコンを使っている人が、”Mac”のパソコンを使うと困ることが多々出てきますよね。

その中でも個人的に困ったのが

たかお
たかお

Excel使えへんやんけ…。

普段ExcelやWordでデータを作成している方が大半かと思いますが、MacだとExcelやWordを使えないって困りますよね。

例えば、大学のレポートを『Word』で出さないといけない場合や仕事で受け取ったデータが『Excel』だった場合とかありますね。

MacでもNumbersやPagesで開けるけど、すごく使いづらいんですよね。

やっぱWindowsにすればよかったかな…。

そう思って諦めてしまいそうになっているそこのアナタ!

本記事ではMacでExcelやWordを無料で使える方法を紹介します。

たかお
たかお

紹介する方法でたかおも問題なく使えてるよ!

スポンサーリンク

Onedriveを使用する

OneDriveの同期設定

ご紹介するのはMicrosoft社が運営している『Onedrive』というサービスを使用する方法です。

使用するまでの流れはこんな感じです。

OnedriveでExcelやWordを使用するまで
  • 流れ①
    Microsoftアカウントを作成する
  • 流れ②
    Onedriveを起動する
  • 流れ③
    Onedrive内でExcelやWordを編集

登録して起動して編集?難しそう…

たかお
たかお

ひとつずつ見ていこう!

流れ①:Microsoftアカウントを作成する

まず、Microsoftアカウントの作成をしていきます。

準備するもの
  • 普段使ってるメールアドレス(Gmail等)
  • 登録用のパスワード
たかお
たかお

この2つがあれば無料で作成できるよ!

ここからアカウント作成の流れをお伝えしたいと思いましたが、画像数が多くなってしまうので分かりやすい参考記事を紹介します。

こちらを参考にアカウント作成してみてください。

流れ②:Onedriveを起動する

問題なくアカウント作成を終えると下記のような画面になると思います。

たかお
たかお

この画面が出てきたら登録成功している証拠!

この画面にある『Microsoftサービスについて』を選択しましょう。

クリックした後、ページが変わります。少し下にページをスクロールしてください。

色々なアイコンが並んでいると思いますので、その中の『Onedrive』を選択しましょう。

またページが変わります。ページの『Onedriveへ移動』を選択してください。

下の画像が出てきましたら『Onedrive』の起動が無事に完了です。

Onedrive内でExcelやWordを編集する

たかお
たかお

ここまで来たら後少し!

「+新規」を選択すると、Word文章やExcelブックなど見慣れたものが出てきます。今回はExcelを試しに開いてみます。

Excelを選択すると・・・

あれ?編集したデータはどこに保存されるの?

編集したデータは以下画像のように『Onedrive』上に自動保存されます。

以上が、『Onedrive』でExcelやWordを使用する方法です!

ただ、注意点が2つありますので注意してください。

  • PC上に保存可能ですが、Onedrive以外だとNumbersやPagesで開いてしまうので注意
  • 総保管データが5GBまでが無料なので注意
たかお
たかお

プライベートなら5GBも使わないから大丈夫!

番外編:メールに添付されたExcelをOnedriveで編集する方法

メールに添付されてるExcelをOnedriveでどうやって開くんだ?

先ほどまで紹介していたのは、自分でExcelやWordを作成する場合です。

しかし、メールに添付されているデータやネット上でダウンロードするデータを使用する場合もありますよね。

たかお
たかお

今回はメールを例に実践しよう

メール添付テストと書かれたExcelファイルをOnedriveで編集してみましょう。

まずは添付されているファイルをダウンロードして自分のMacに保存します。(ネット上でダウンロードして編集する場合も同じです。)

間違えて2回ダウンロードしちゃいました

ダウンロードを完了したらOnedriveを起動させ、『アップロード』を選択します。

その後『ファイル』を選択しましょう。

そうするとFinder(Mac内の書類等を整理できるもの)が開きますので、先ほどダウンロードした「メール添付テスト」を選択し、『開く』を選択しましょう。

そうするとOnedrive上に「メール添付テスト」が保存されますので、Onedrive上で編集することができます。

たかお
たかお

アップロードする手間はあるけど

慣れればすぐにできるよ!

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

因みに本来MacでExcelやWordを使用しようとすると約1.5万もします。

「本当かよ」と思う人は以下リンクから確認してみてください。

しかし、わざわざ1.5万円を払わなくても方法を知っていれば無料で使用することができるのです。

無料で使用できるものは活用し賢く節約していきましょう!

以上、『【知らないと損】MacでExcelやWordを無料で使う裏技』でした。

やっぱりMacでもWindowsを使いたいな

でも設定とか大変なんだろうな〜

たかお
たかお

Parallels』を使えば解決するよ!

Macを使いながらWindowsも使うことができるアイテム!

Windowsしか対応していないシステムやゲームもParallelsを使用すればMacで使用することができます。

\MacでWindowsを使おう!/

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました